MENU
\ 最大10%ポイントアップ! /詳細を見る

【鬼滅の刃】柱稽古で善逸(ぜんいつ)が受け取った手紙の内容を徹底考察!その後の変化にも迫る!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

アニメ「鬼滅の刃」柱稽古編を見て、 我妻善逸が受け取った手紙の内容 が気になった人も多いのではないでしょうか?

特にその後、普段のヘタレな様子からは想像もつかないほど 凛々しい表情を見せた善逸 に、一体何が書かれていたのか、気になって夜も眠れない!なんて人もいるかもしれません。

安心してください!この記事では、 ネタバレOK な方向けに、手紙の内容について徹底的に考察していきます!

この記事を読めば、手紙の内容はもちろん、その後の善逸の変化の理由も丸わかりです!

初回70%OFFクーポンなら

\1冊138円459円

  • 悲鳴嶼行冥 vs 黒死牟(こくしぼう
  • 我妻善逸 vs 獪岳(かいがく)
7/31まで1巻無料で読み放題
目次

手紙自体は漫画でも詳細は描かれていない!?

結論から言うと、善逸が柱稽古編で受け取った 手紙の内容は、具体的な文章としては明かされていません。

しかし、ご安心ください!

その後の展開、特に 上弦の陸・獪岳(かいがく) との戦いの中で、手紙の内容について推測できる重要な描写があります。

手紙の内容の手がかりは「獪岳との戦い」にあり!

上弦の陸・獪岳との戦いの中、善逸は獪岳に対して、こう叫びます。

「アンタが鬼になったせいで爺ちゃんは腹切って死んだ!!!」

「爺ちゃんは一人で腹を切ったんだ介錯もつけずに」

「雷の呼吸の使い手から鬼を出したからだぞ!!」

(引用:鬼滅の刃17巻144話「受け継ぐ者たち」)

このセリフこそ、 柱稽古編で善逸が受け取った手紙の内容を推測する上で最も重要な手がかり となります。

獪岳は、 元は鬼殺隊の隊士 でした。しかも、 善逸と同じく、雷の呼吸の使い手 だったのです。

アニメオリジナルストーリーで明かされる獪岳の過去

実は獪岳は、 柱稽古編の第6話で、既に登場していました。

このエピソードはアニメオリジナルの展開で、 悲鳴嶼行冥の過去が描かれた回想シーン に獪岳が登場します。

当時、まだ鬼殺隊に入る前の子供だった獪岳は、 自分の身を守るため、仲間を鬼に売る という非情な行動をとりました。

その後、鬼殺隊に入隊し、雷の呼吸を習得しますが、 結局は自分の命を守るため鬼になる道を選んだ のです。

このエピソードにより、 獪岳の自己中心的な性格がより強調 されました。

マンガではさらっと数コマで書かれていたので完全に見落としていました・・・!

獪岳が鬼になった本当の理由:才能へのコンプレックスと心の弱さ

獪岳が鬼になったのは、黒死牟との出会いがきっかけですが、その根底には 彼自身の心の弱さ がありました。

幼いころのトラウマ

獪岳の心の闇は、善逸と出会うよりも前に遡ります。
孤児たちと暮らしていた頃、獪岳は鬼に襲撃され、 自分だけ生き残るため に鬼に情報を売るという 裏切り を経験しています。

この時の経験は、幼い獪岳に 深い心の傷 を残しました。
自分だけが生き残ったという 罪悪感 、そして 再び鬼に襲われる恐怖 は、獪岳の心を常に蝕んでいたのです。

善逸への劣等感と鬼殺隊での焦燥

獪岳は、善逸と同じく孤児として桑島慈悟郎に育てられましたが、 善逸のような才能が開花せず 、劣等感と嫉妬心に苦しんでいました。
鬼殺隊に入隊後も、 周囲の才能ある剣士達との差 を痛感し、努力ではどうにもならないという 絶望感 を抱くように。

柱への執着と保身のための選択

獪岳は 柱になる という強い執着を持っていました。
しかし、鬼殺隊で生き残り、柱になるためには 圧倒的な力が必要 であり、今の自分にはそれが無いと自覚していたのです。
そんな中、黒死牟に出会い死の恐怖を経験する事で鬼になる提案を受け、 力を得る ことを選びます。

心の弱さが生んだ悲劇

獪岳は、 才能へのコンプレックス 、 将来への不安 、 保身 など、様々な要因から心の弱さにつけ込まれて鬼になってしまったのです。
黒死牟との出会いは、あくまでも きっかけ に過ぎません。

才能ある兄・善逸への劣等感、そして鬼殺隊という厳しい世界で生き残るための苦悩が、彼を鬼へと導く道を作ってしまいました。

手紙の内容を徹底考察!

これらの情報を組み合わせると、手紙の内容は以下の様なものだったと推測できます。

  1. 鬼殺隊関係者
  2. 内容は、獪岳が鬼になった経緯、そして獪岳のせいで善逸の師匠が自害したという衝撃の事実が書かれていた。

善逸は、 師匠であるじいちゃんっ子 でした。

それだけに、 愛する師匠を自害にまで追い込んだ獪岳への憎しみ は、想像を絶するものだったでしょう。

  1. 手紙の送り主:
    鬼殺隊からの公式通知だとすると、この出来事が個人的な悲劇を超えて、組織全体に影響を与える重大事であったことが分かります。善逸は個人的な喪失感だけでなく、鬼殺隊の一員としての責任も強く感じたのではないでしょうか。
  2. 情報の重要性:
    鬼殺隊が迅速に情報を共有していることから、組織の効率性と、鬼と戦う上での情報の重要性が伺えます。特に、元柱の死と、その弟子が鬼になったという事実は、早急に伝えるべき重要情報だったのでしょう。
  3. 善逸の立場:
    善逸が唯一の残された弟子であることが明確になり、彼の肩にかかる責任の重さがより鮮明になりました。雷の呼吸を正しく継承し、師の名誉を守るという使命が、彼の行動変化の大きな動機になったと考えられます。
  4. 獪岳との対比:
    同じ師の下で学びながら、全く異なる道を選んだ二人の弟子。この対比が、善逸の決意をより強固なものにし、彼の成長を促したのではないでしょうか。

普段は臆病で泣き虫な善逸が、 獪岳との戦いで見せた鬼気迫る表情 は、手紙の内容を知ったことで、 師匠の仇を討つという強い決意 を固めたからこそのものだったのです。

まとめ:善逸を奮い立たせた手紙の真相とは?

スクロールできます
氏名年齢備考
我妻善逸16歳主人公の一人。雷の呼吸の使い手。臆病だが、眠ると本来の力を発揮する。。桑島慈悟郎の弟子。
桑島慈悟郎不明(高齢)善逸の師匠。雷の呼吸の元使用者。獪岳が鬼になったことに責任を感じ、自害。元鬼殺隊鳴柱。善逸からは「爺ちゃん」と呼ばれる。
獪岳(かいがく)18歳~20歳前後元鬼殺隊士。善逸と同じく雷の呼吸の使い手。後に鬼となり、上弦の陸となる。
悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)27歳現・岩柱。少年時代に獪岳と共に過ごした。
黒死牟(こくしぼう)480歳以上上弦の壱。獪岳を鬼に変えた張本人。元・鬼殺隊剣士。

今回は、柱稽古編で善逸が受け取った手紙の内容について、具体的な描写はないものの、その後の展開から読み解いていきました。

手紙は、善逸にとって、愛する師匠の死の真相と、兄弟子だった獪岳の裏切りという、あまりにも残酷な事実を突きつけるものだったのでしょう。

しかし、この出来事が、泣き虫だった善逸の心に、師匠の仇を討つという強い意志と、鬼殺隊士としての責任感を芽生えさせるきっかけになったとも考えられます。

アニメオリジナルストーリーで追加された獪岳の過去が、二人の対 contrast をより際立たせ、物語に深みを与えている点は非常に興味深いですね。

善逸が獪岳との戦いで見せた成長と、師匠への想い、そして鬼殺隊としての決意を胸に、これからも物語を読み進めていきましょう!

  • 悲鳴嶼行冥 vs 黒死牟(こくしぼう
  • 我妻善逸 vs 獪岳(かいがく)
7/31まで1巻無料で読み放題
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次